カバノアナタケはガンや高血圧に効果・効能があると言われているキノコで、カバノアナタケ茶が人気です。

北の大地の恵み、カバノアナタケ

カバノアナタケ茶の作り方

カバノアナタケ茶の抽出方法

原木を自分で砕くにしてもティーバッグを用いるにしても、カバノアナタケ茶の抽出方法はほとんど同じです。

ここではカバノアナタケ茶の作り方・飲み方を紹介します。

※ショップや商品ごとに若干異なる部分があります。ここでは一般的な抽出方法を紹介します。

カバノアナタケ茶の作り方

1.ティーバッグに入れる

ティーバッグを用意カバノアナタケのティーバッグを1つ用意します。

自分でカバノアナタケの塊を砕いた場合は約3~5gを市販のティーバッグの中に入れます。

ある程度大きな塊から抽出するのであればティーバッグを使わなくても問題ありません。

2.やかん(または鍋)にティーバッグと水を入れる

アルミ製だとイオン反応を起こす可能性があるため、ステンレス製・ホーロー製のやかん(または鍋)にティーバッグと水を入れます。

水もミネラルウォーターか浄水器・フィルターを通した水の方がおいしいカバノアナタケ茶となります(どちらもない場合は水道水で構いません)。

水の量はカバノアナタケ3~5gにつき2~3リットルが標準ですが、お好みの濃さや量などに合わせて調整して下さい。

3.やかんを火にかけ、煮出す

カバノアナタケと水を入れたやかんを火にかけます。

沸騰したら噴きこぼれない程度に火を弱めて5~10分ほど沸騰させます。

その後弱火にして10~20分煮出します。煮出しの時間はお好みに合わせて調整して下さい。当然、煮出しの時間が長い方が味が濃く、渋くなります。

ウーロン茶やコーヒーくらいの濃い色になった状態が火を止める目安です。

4.ティーバッグを入れたまま冷やす

ティーバッグを入れたまま他の容器に移し替えて冷蔵庫で冷やします。常温で冷ました後に冷蔵庫に入れた方がよいでしょう。

ティーバッグを入れたままにする事でさらにエキスが抽出されます。3~4時間経ったらティーバッグを取り出して下さい。

これでカバノアナタケ茶の完成です。

作り方はアレンジしてOK

以上がカバノアナタケ茶の作り方ですが、この通り作らなくても問題ありません。

氷を入れてアイスティーホットで飲む場合は「4.ティーバッグを入れたまま冷やす」の工程を行わず、煮出した後にすぐに飲んでしまって構いません。

また、冷やして飲む場合もアイスティーのように煮出した後に氷を入れて飲む事も出来ます(氷で薄まってしまいますので濃く煮出した方がよいでしょう)。

上記の作り方はあくまでメーカー推奨の作り方ですので、あなたの好みにあった作り方・煮出す時間を見つけてみて下さい。

飲みきれなかったカバノアナタケ茶は必ず冷蔵庫で保管し、長くとも1週間以内にはお飲み下さい。

■スポンサードリンク